喉にまつわるトリビア

出産前後

身体に良いとされる食べ物や飲み物はいろいろありますが、いざお店で買おうとしても、「妊婦の方は控えてください」と注意書きがされていることがあります。市販の薬などでも同じように書かれている場合が多いです。

風邪で喉が痛いと感じても、市販の薬は怖くてなかなか飲めませんね。そういうときは、無理に我慢して悪化させるよりも、早いうちに病院へ行きましょう。内科でも良いですが、かかっている産婦人科の方が安心感があるでしょう。妊娠中だと告げれば、胎児に影響のない薬を処方してくれます。出産後の授乳期にも、薬に困ったら病院へ相談しましょう。

薬以外にハーブを使う方も居られるようですが、妊娠中にはハーブは普段と違った作用を起こす可能性があるので、出来れば避けるようにと言われています。例えば、タイムというハーブは、通常であれば殺菌消毒・去痰・痙攣性の痛みに効くと言われるものですが、これが妊娠中では子宮を刺激する場合があるので、特に妊娠初期には飲用を控えた方が良いとされています。

他に大量摂取を避けた方が良いものとしては、バジル・ローズマリー・セージ・ラベンダー・カモミール・サフラン等々、実は書ききれない程たくさんあります。ペパーミントは出産後の授乳中には控えめに、つわり中や乗り物酔いのときに少々飲むのは良いと言われています。ラズベリーリーフは子宮に作用する効果があり妊娠初期には控え、妊娠後期から出産後には子宮を整えるために飲むのは良いと言われます。

ハーブの作用は非常に緩やかで、一口飲んだからと言ってすぐに危険というわけではないので、あまり神経質にならない程度に、控えめを心がけておきましょう。