喉の痛みを伴う病気

肝炎

喉が腫れたので病院へ行ったら、肝炎を指摘された、というようなこともあります。肝炎には、ウィルス性・アルコール性・自己免疫性・薬剤性などいろいろあります。日本では約80%をウィルス性の肝炎が占めており、中でも、罹患率が高いのはA型・B型・C型のウィルスによるものです。

A型肝炎のウィルスは強い感染力があり、飛沫感染と接触感染によって、集団発生が時折みられます。小児の場合は比較的軽症で済む場合が多いですが、成人では黄疸や便が灰白色となり、全身倦怠感などの風邪に似た症状が出ることがあります。高齢者では重症化しやすい傾向があり、1~2ヶ月で回復した後は慢性症状に移ることはないと言われています。

B型肝炎ウィルスは、母子感染と、輸血や注射針の使い回し、性行為などで感染します。初期には、消化器や上気道に風邪のような症状が現れることもありますが、ほとんどの場合無症状のまま経過して慢性化し、一部は肝硬変や肝臓ガンへと進行します。A型肝炎ウィルスとB型肝炎ウィルスはワクチン接種で予防できますので、周囲との感染をさけたいときや、流行地へ旅行するときには予め受けておいた方が安心です。

C型肝炎は、血液からの感染と、注射針の回し打ちによる感染が主流です。時にはピアスの使い回しも感染源になり得ますので注意しましょう。C型肝炎の慢性化する確率は約70~80%と高く、肝硬変や肝臓ガンに移行することもあります。ですが、血液を介さないと感染しないため、感染者と日常生活を共にすることには心配ありません。